読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳、全力で台上前転

台上前転をしたい年頃になってきました

さあでんぐり返れ

しかしこのお題スロットというのは何なのか。

明日から仕事、という憂鬱な気分を引きずっての僕の目の前に「さあ来い」とばかりに

ぶら下がっているこの機能。挙句の果てに「GWはどうですか?」ときたもんだ。

 

なぜ現在形なのか。社会で働いて飯を食っているたいていの人間にとって、GWというものは5日で終わりを告げているのだ。中にはもう働きづめに働きすぎて、もうGWというものの存在を忘れかけている人もいるはずなのだ。

 

僕の前の(正確には前の前だった。前の職場は社長とそりが合わず、短期間で辞めさせられたのだった)職場の人たちは少なくともGWなんてものには縁遠いはずだ。かくいう僕も、その職場にいるころは紅白歌合戦を職場で仕事をしながら見ていた。

 

「どうでしたか?」と聞いてくる分には、まだこちらにも用意がある。僕がこの三日間、スマホのゲームとYouTubeだけに生を消費していたという事実を取り出して、君の枕元で「やっぱり…ゲームの実況…僕は嫌いだな…プレイに…集中してくれなきゃ…」とささやきながら、君が眠りにつくまで蝋燭の灯りを絶やしはしないことをお約束申し上げる。それすらもできない貴様に用はないのである。さっさとローソンで「厚切りカツサンド」を買って来てほしい。

 

あ、でも明日仕事行けば土日休みだし。どうせ仕事も大してやることはないだろう。ハッピーハッピー

 

・・・志が低すぎやしないだろうか。まだ25歳、全力をかますには今しかないかもしれないのに。