読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳、全力で台上前転

台上前転をしたい年頃になってきました

マザコンなのか?

おれの会社は12時になると昼休みだ。

飯を食ったり、タバコを吸ったりの時間をめいめいに楽しむ。


そんな時、おれが何をしているか。

けっこう、母親に電話することが多い。


世間的には非常に「マザコン」な行為かもしれない。人に言うと引かれるだろうとおれもわかっているので、こんな話を人にしたことはない。ただ、気がつくと電話をかけてしまっている。特に話題があるわけでもないのに、だ。


離れて暮らしているというのも理由としてはある。といっても、まだ親父も元気だし、なんだったら高速バスに飛び乗れば帰れる距離だ。そこまで離れてもいない。ただ、どうしても心配になる時がある。

この前電話した時、母は電話に出なかった。それだけのことで、仕事がけっこうな勢いで手につかなかった自分に、我ながら驚いた。昔はあれだけ一人暮らしがしたいと思っていたのに、家族と離れて、一人で暮らしたかったのに、だ。


25歳になって、おれの中で何が変わったのだろうか。


突然話は変わるが、おれは生まれてこの方、彼女というものがいたことがない。

モテないというのもあるが、どうやらおれは世間一般の男と比べて「誰かと一緒にいたい」「彼女が欲しい」といった感情が薄いようだ。

12月になると「また一人のクリスマスやで〜 」などと言ってはみるものの、内心特に寂しがってもいない。街中でカップルを見かけても、敵意を感じたりだとか寂しくなったりだとか、そういう感情が湧いてこない。ただただ「無」である。


一回、悪友に風俗に連れて行かれたことはある。確かに自分の前で裸になっている女の子がいることに興奮はした。しかし、狂宴が終わった後の財布の中身の減り具合や、その時の感情を逐一計算してみて「特に面白くもない」という結論に至ってしまった。

それ以来、そういった類の店に行ったことはない。最近は女性と話をした記憶すら曖昧だ。


しかし、自分の歳を考えるにつれ「このままではいけないのではないだろうか」という考えが頭をよぎる。

幸い、おれの周囲の人間はろくでなしが多いので、結婚しているのは片手にも満たない。しかし、問題はおれだ。一足飛びに結婚してみたりした方がいいのか、とも考えるが、相手に申し訳ない。リアル「逃げ恥」は、まだまだ世間に浸透してないだろう。


おれは、一人でいることが苦にならないタイプの人間なのだと思っていた。だからこそ、休みの日に図書館で本を読んでいたりすることが多いし、女の子に「飲みに行かない? 今日暇なんだよね!」みたいなことを言ったこともないのだと思っていた。ずっと、そうやって生きていくのだと、ついこの前まで思っていた。



昼休み、母親に電話する。そうすると、大体はいつもと変わらない声で、母は電話口でおれの体調を心配する。残業がかなり多い会社だし、特にやる気の出る業種でもないので、近々転職したいとおれが思っていることを、母も知っている。この前受けた会社はどうだった、と母がおれに問う。ダメだった、また一からやり直しかな、と、おれは少しばかり落ち込みながら、母の声を聞いている。焦って決めちゃダメよ、世の中には会社なんてたくさんあるんだから、お父さんも転職する時は色々あったのよ、そういえばねえ…


おれは、母の声を半分上の空で聴きながら、リラックスできている瞬間に気づく。誰かの声を聞いているだけで、心地いい。天にも昇る心地、なんて感じではないが、世界におれと母しかいなくなったみたいな、そんな心地よさだ。


おれは母に電話をかける前、確かに「寂しい」と思っている。何かが不安で、人と話したくて仕方がなくなる。25歳になって、大人もどきになるってことは、こういう気持ちを持つようになることなのか?


早く少しでも興味の出る仕事に就いて、結婚でもしたいもんだ。

あ、これは寂しいからとかじゃなく。


楽しい新宿の、楽しい場所を知らないか?

新宿って街に、特に思い入れがあるわけではない。

意味深なタイトルをつけてしまったことを深くお詫びしたい。

 

おれが中学~高校にかけて住んでいたところは、リアル・ギャングスターシティこと川崎だった。

それ以前は宮城、さいたま、東京は大田区と、親父の転勤の都合で

いろんなところに住んだ。この頃には子ども過ぎて、どこに行ったかなんて記憶はほとんどない。

 

川崎に住んでいる頃、特によく使っていたのは東横線だった。

昔は直通運転なんてしていなかった記憶がある。

東横線武蔵小杉駅から電車に乗ると、だいたいは渋谷で降りていた。

横浜なんて、特別な用事がなければ行かなかった。

 

渋谷で用事があっても、中高生のことだ。特に買うものもなく、どこかのハンバーガーチェーンでチーズバーガーなど食べて帰るのが関の山だった。

 

新宿によく行くようになったのはいつだろう。

大学生の頃は、池袋。映画好きだったので、よくシネマサンシャインとかに行っていた。

www.cinemasunshine.co.jp

 

おそらく、自分で金を稼げるように

なってから行くようになったのが新宿かもしれない。

とにかく、新宿は金がかかるイメージだった。

 

といっても、今でも新宿で行くところといえば大体は飲み屋かチェーンの飲食店ばかりなんだが。

 

あ、でもここは良かった。

retty.me

 

大人! って感じだったし。

 

もうそろそろ明日のこともあるので寝よう。

なんかいい店とか知ってたら、教えてください。

 

終電逃しても構わないので。

 

日記の難しさ

長くほったらかしにしてしまった。

 

書くことがなかったわけではなく、書くことがありすぎて「書く」というフェーズに持っていくのが難しかっただけなのだ。

 

毎朝5時30分に起き、寝る前にかけてあった暖房を切る。もう埃がたまってしまっているリモコンの、わずかな隙間をぬって手に持つ。

朝食は食べず、この頃は頭も洗わない。脂臭いかとも思うが、時間がないので仕方がない。

そしてスーツに着替え出勤。およそ2時間の道のりを、電車の中で座ったり、立ったり、人に押し潰されそうになったりしながら進んでいく。

俺はもはや、出勤というクエストに身を投じる勇者なのだった。

会社に着けば、そこから仕事が始まる…

 

そんな生活を送っている。

 

まあ記事を書いているのがこんな時間ということで、労働時間は察してほしいところだけれど

 

ほら、新宿着いた。もうそろそろで家だ。

 

 

さあでんぐり返れ

しかしこのお題スロットというのは何なのか。

明日から仕事、という憂鬱な気分を引きずっての僕の目の前に「さあ来い」とばかりに

ぶら下がっているこの機能。挙句の果てに「GWはどうですか?」ときたもんだ。

 

なぜ現在形なのか。社会で働いて飯を食っているたいていの人間にとって、GWというものは5日で終わりを告げているのだ。中にはもう働きづめに働きすぎて、もうGWというものの存在を忘れかけている人もいるはずなのだ。

 

僕の前の(正確には前の前だった。前の職場は社長とそりが合わず、短期間で辞めさせられたのだった)職場の人たちは少なくともGWなんてものには縁遠いはずだ。かくいう僕も、その職場にいるころは紅白歌合戦を職場で仕事をしながら見ていた。

 

「どうでしたか?」と聞いてくる分には、まだこちらにも用意がある。僕がこの三日間、スマホのゲームとYouTubeだけに生を消費していたという事実を取り出して、君の枕元で「やっぱり…ゲームの実況…僕は嫌いだな…プレイに…集中してくれなきゃ…」とささやきながら、君が眠りにつくまで蝋燭の灯りを絶やしはしないことをお約束申し上げる。それすらもできない貴様に用はないのである。さっさとローソンで「厚切りカツサンド」を買って来てほしい。

 

あ、でも明日仕事行けば土日休みだし。どうせ仕事も大してやることはないだろう。ハッピーハッピー

 

・・・志が低すぎやしないだろうか。まだ25歳、全力をかますには今しかないかもしれないのに。

始めるにあたって

なぜこんな人をケムにまくようなタイトルのブログを始めてしまったかには、感謝感激雨嵐抱腹絶倒花鳥風月安倍政権焼肉定食というような、とにかくもう一言では語れない、ああままよ、地獄の果てまで、みたいな理由があると思う。

 

思う、というのは、さあその理由を150字で説明してみろ、と言われると、僕はすぐにバングラデシュに旅立たざるをえないからだ。

 

とにかく今日は「力士の奥さんはなぜ美人なのか」という問題についての見解を発表させていただきたく思う。昔からずっと思っていたのだ。デブ専は必然的に顔の造詣が美しくなr

 

なんということだ

 

仮にも大学を出ているのにも関わらず

 

しかも今は頭脳労働を職業としているというのに

 

ああ、僕の頭よ。国語の駿台模試で56という数値をたたき出した俺の頭脳よ

 

ついに一人称までおかしくなってしまったか

 

いや、言葉の変遷というものは面白いものだ。正しい日本語、なんてものはありはしない。誰が言い出したのかは知らないが、言葉の意味なんてものはその時々の時代に沿って変わっていくものなのだ。

 

ほら、また何が言いたかったのかわからなくなってしまった。

 

さて、読み返してみるとしよう。

 

・・・

 

とにかく今日は「力士の奥さんはなぜ美人なのか」という問題についての見解を発表させていただきたく思う。昔からずっと思っていたのだ。デブ専は必然的に顔の造詣が美しくなr

 

ああ、そうだった。そのことだった。

 

…それが俺に何の関係があるのか。だいたい僕がこんなブログを始めたのh

 

…まただ

 

また日本語がおかしくなってしまった。いやだいたい正しい日本語というものが

 

だめだ眠い。寝ます。

幸先は最悪ですが、続けていければと思います。